◆◇◆ ビカンスーパーコート ◆◇◆


独自開発の専用セラミックに水道水を通すことにより機能水に変換し、その機能水を高圧洗浄機で施工対象物を洗浄、コーティングする画期的な洗浄コーティングシステムです。

変換された活性水(または機能水という)は、弱アルカリイオン水の働きで洗浄効果を発揮し、専用セラミックから溶出したホウ酸シリカが対象物極表面に100%無機質のガラス被膜を形成させます。

この被膜は親水性で汚れにくく易洗性に優れ、対象となる素材そのものを長持ちさせ、美観を保ちます。


自然界の働きを活用したメカニズム

ビカンスーパーコートは、自然界にある約10種類の鉱物を加工した特殊セラミックの性質特徴を活用し、水を電気分解し、外壁等の表面の凸凹に電気メッキの原理で被膜を作る仕組みを利用しています。従来のケミカル系コーティングは、フッ素等のコート剤を含んだバインダーといわれる接着の役割をするシリコーン樹脂がほとんどで、耐候性に弱く酸化劣化して長期の耐久性に劣ります。ビカンスーパーコートはそうしたバインダーは一切ありません。100%無機質のガラス成分(ホウ酸シリカ)を対象物分子に電着させ空気中の炭酸ガス作用により結晶化します。このガラス分子の結晶化された集合体は、被膜となって対象物分子を被い長期間ガードします。

BSCセラミックとは?

洗浄装置に内蔵される水改質材であって、セラミック担体の表面にトルマリン粉末や、硼砂、珪酸ソーダー粉末、その他複合物質成分等を混合したものを付着させ、焼成したものです。担体は、ゼオライト、バクハン石を粉砕混合したもので、核となっています。また、水改質材としてマグネシアを主成分とする副水改質材も混合材として使用しています。以上のBSCセラミックは、活性水で洗浄力を向上すると共に含有ホウ酸シリカを自動車等の塗装表面に付着させる機能水として、洗浄・コーティング効果を発揮させます。

汚れ・劣化を防ぐ3大効果

①防カビ・抗菌・消臭効果

ガラス成分(ホウ酸シリカ)が持つ特有の性質で深化吸収・吸着し、結晶化させたガラス被膜は、防カビ・抗菌・消臭効果を発揮します。
※カビは色々な素材に発生しますが唯一ガラスには発生しません。ガラスの被膜で防ぐのが最良・最適です。

②汚れを落とすセルフクリーニング

汚れの原因の一つだった雨がガラス層の持つ特性効果により雨のセルフクリーニング効果を発揮します。

ガラス保護層の親水性+静電気防止効果で出来る水の膜が汚れを浮き上がらせ洗い流します。


③ガラスのバリアで退色防止効果

ガラスの被膜は耐久性にも優れ退色防止効果も有り、ナノレベル(10億分の1)で塗装分子をガードし長時間保護し美観を維持します。素材や塗装の劣化防止になり寿命を長期化させる事が出来ます。




ビカンスーパーコートのセルフクリーニング効果

セルフクリーニング効果とは

ビカンスーパーコート施工面は、塗装表面が汚れ物質よりも水となじみやすいのが特徴。このため、汚れ物質と塗膜表面の間に常に水が入り込んで、煤煙や排気ガスなどの水となじみにくい(疎水性)汚れの付着を防いでくれるのです。さらに雨水が当たる塗膜表面の汚れを雨水と一緒に洗い流してしまいます。これが「セルフクリーニング効果」といいます。

ビカンスーパーコートの親水性

ビカンスーパーコート施工面にはホウ酸シリカの被膜が表面に均一に広がっています。この被膜の分子それぞれに水酸基が付着し、空気中の水分子を吸着するのです。このためビカンスーパーコート施工面はいつも水分子の薄い膜で覆われた状態となり、水になじみやすい、つまり親水状態を保ち続けるのです。